Tel. 03-5832-9360

〒113-0022 東京都文京区千駄木4-24-7
トーアマンション1階

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

バナースペース

一般社団法人
食感性コミュニケーションズ

〒113-0022
東京都文京区千駄木4-24-7
トーアマンション1階

TEL 03-5832-9360
FAX 03-5832-9361

 E-mail:
 manager@foodkansei.or.jp

-冬の食彩-


















         食感性工学とは? **** 食のイノベーション! 

  • 消費者の【五感コミュニケーション機能」を基盤とする新しい科学技術の創出
  • 美味しさはどこから? 食嗜好? 感性? こく? を解き明かす科学的エビデンスの進展
  • 美味しさに寄与する香味、包装容器、テレビのコマーシャル、マーケティングを融合するブランデイング技術
  • フリーズドライ、飲料および機能性食品、青果物などのヒット商品開発と研究組織のマネージメント手法
  • 市場調査データと官能評価スコアを融合した食品製造プロセスの最適化手法
  • 五感コミュニケーションを育てる人材育成法とは?〜情報(神経網)・資金(血液)・人材(筋力)を同期させるフィールドワーク〜
  • 食−エネルギー環境連環事業による高齢化社会に対応した地域活性化と国際市場展開へのノウハウ

お知らせ*******************************************
NEW !










*********************************************************************************************

    
**********************************************************************************************

  「食品加工流通ビジネス研究開発プラットフォーム」会員募集
   
 〜農産食品を起点としたフードバリューチェーンと消費拡大ビジネスモデルの創出〜

農林水産技術会議は「知」の集積と活用の場を構築して, オープンイノベーションによる研究開発構想を進めています。その目的は農林水産・食品分野に、異分野からの新しい知識や技術等を導入して革新的な技術シーズを生み出し、迅速な商品化・事業化に導く補助 識や技術等を導入して革新的な技術シーズを生み出し、迅速な商品化・事業化に導く補助事業を推進することにあります。この場に登録した会員は、集積された「知」を「活用の場」へと発展させるために、「研究
開発プラットフォーム(PF)」を形成して特定の研究開発課題を抽出・設定し、マッチングファンド方式による「コンソーシアム」を編成して委託事業に応募することが可能となります。このステップに関する手続きなどについては、下記農林水産技術会議ホームページを参照下さい。
http://www.s.affrc.go.jp/docs/knowledge/knowledge/index.htm

【会員登録の方法】
「知」の集積の場は、(1)会員登録、(2)プラットフォーム(PF)形成および(3)コンソーシアム申請へと、3ステップにより発展させる事が可能です。このプロセスに参画するためには「(1) 会員登録」が必須要件となりますが,下記事務局の専用ウェブサイトから登録する事が可能です(無料)。また、会員には「メールマガジン」により農水省予算の概要、会員やプラットフォームの活動状況と参加登録などに関する最新情報などが配信されます。配信元は会員専用ウェッブサイト「産学官連携協議会事務局」(株式会社リベルタス・コンサルティング)です。
https://www.knowledge.maff.go.jp/

【FKC理事長がプロデュースするプラットフォーム】
2016年8月11日現在、会員登録数は1,221件、PF数は38件となっていますが、PFの2次募集も実施されているので、会員・PF数共に増加する事が予想されています。これらのPFの中で、(一社)食感性コミュニケーションズ(FKC)代表理事「相良泰行」をプロヂューサーとし、国立研究開発法人農研機構食品研究部門(部門長:鍋谷浩志)、中央果実協会、(株)グリーンメッツ(旧キューピー)、農研機構に所属する研究者、ビジネス戦略や知財管理などを担当する「コーデネーター」により運営されるプラットフォーム「食品加工流通ビジネス研究開発プラットフォーム」が農水省委託運営事業に採択されました。

【研究開発プラットフォームへの会員登録法】
上述した「食品加工流通ビジネス研究開発プラットフォーム」では、「コンソーシアム」形成に向けて、「知」の集積をさらに加速するための会員増強活動を展開しています。登録済会員には、当PFが今年10月から2月にかけて計画している「講演会」、「技術セミナー」、「施設・工場視察会」などのイベントを通じて、会員各位の新商品やその製造技術などを公表・宣伝する機会を提供致します。皆様の参集をお待ち申しあげます。

[プラットフォームへの会員登録メールアドレス:touroku@foodkansei.or.jp
見出しを「会員登録」とし、所属・氏名・E-mail・TEL・業種・登録希望理由などをお知らせください。返信にて「会員登録票」を送信します。

**********************************************************************************
【(一社)食感性コミュニケーションズへの問い合わせ・連絡先】
E-mail:maneger@foodkansei.or.jp TEL: 050-3540-3491 FAX: 03-5832-9361
〒113-0022 東京都文京区千駄木4−24−7 トーアマンション1階
***************************************************************************************************
*
 
 


NEWS
新着情報

【論文】AACC (米国穀物化学会)会員ニュースカプセル(6月)にて前田竜郎(日清フーズ)-FKC関係者共著の論文が紹介される
May/June 2013, Volume 90, Number 3, Pages 175-180
http://dx.doi.org/10.1094/CCHEM-10-12-0132-R

Development of a Novel Staining Procedure for Visualizing the Gluten?Starch Matrix in Bread Dough and Cereal Products (パン生地及び小麦粉製品内のグルテン-澱粉マトリクス可視化のための新染色法の開発)

TatsuroMaeda,1,2 MitoKokawa,3 MakotoMiura,4 TetsuyaAraki,3 MasaharuYamada,5 K?jiTakeya1 and YasuyukiSagara6
1 Food Research Center, Nisshin Foods Inc., 19-12 Koami-cho, Nihonbashi, Chuoku, Tokyo, 103-8544, Japan.
2 Corresponding author. Phone: +81-3-5641-8041. Fax: +81-3-5641-8814. E-mail: maedatat@mail.ni-net.co.jp
3 Graduate School of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo, 1-1-1, Yayoi, Bunkyo Ward, Tokyo, 113-8657, Japan.
4 Department of Biological Chemistry and Food Science, Faculty of Agriculture, Iwate University, 3-18-8, Ueda, Morioka, Iwate, 020-8550, Japan.
5 Department of Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Kogakuin University, 2665-1, Nakano-machi, Hachioji, Tokyo, 192-0015, Japan.
6 Food Kansei Communications Corp., Toa-mansion No. 103, 4-24-7 Sendagi, Bunkyo Ward, Tokyo, 113-0022, Japan.
A novel staining procedure has been developed to visualize the gluten? starch matrix in wheat flour dough. Dough samples mixed to the final stage were stained with 26 fluorescent reagents, and each stained sample was observed with three sets of fluorescence filters (blue, green, and red). Of all the combinations of reagents and filters, the combination of acid magenta and the blue fluorescent filter set was the most effective in distinguishing starch granules from gluten network structure. Its effectiveness was further demonstrated with gluten and starch granule samples, in which the contrast was clearer when observed with the blue fluorescent filter set than without any fluorescent filter. Visualizing the gluten?starch matrix in dough samples at four mixing stages with the same procedure resulted in clear identification of the changes in gluten network structure because of the differences in mixing stages. The same procedure also enabled us to distinguish starch from gluten in white salted noodles, baked cookies, and flour particles. The proposed procedure is quicker, simpler, and has a lower risk of altering the sample than other conventional ones, and it is expected to become a useful tool in cereal studies.



【公表論文・総説など】
Effect of the grain boundary of ice crystals in a frozen gelatin solution on the dielectric properties at a subzero temperature
Ueno, S., Shirakashi, R., Kudoh, K.-I., Higuchi, T., Do, G.-S., Araki, T., Sagara, Y.
Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, volume 73, issue 11, year 2009, pp. 2478 - 2482

Viscoelastic properties of frozen-thawed agar/agar-gelatin gels based on binary-phase virtual structure
Kim, G.-W., Do, G., Bae, Y., Sagara, Y.
International Journal of Refrigeration, volume 35, issue 8, year 2012, pp. 2349 - 2357









copyright©2012 
Food-Kansei Communications
all rights reserved